オルコネ広報ブログ

社内イベント

会社制度はスタッフが創る!~OHANA大会議開催~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

みなさん、○○ハラスメントを受けたり目撃したことありますか?

 

○○ハラスメントという言葉が跋扈する現代。

正式ではありませんが、30種類以上ものハラスメントが存在するらしいですね。

 

例えば。。。

・カラオケハラスメント

∟職場の交流会で「○○も何か歌おー!」と誘ったつもりががハラスメントになったり?

・エレクトロニックハラスメント

∟低周波音波や電磁波でのいやがらせというマニアックなハラスメントもあったり?

・エアーハラスメント

∟「暑いしエアコンつけよう」「え、ちょうどいいから嫌」というありきたりなやり取りもハラスメントだったり?

※空気読めない、俗にいう”KY”に対してもエアーハラスメントが使われることもあるそうです。

 

などなど、かなりピンポイントなハラスメントもあるそうです。

正直、言った者勝ちだな。という印象を受ける人も居るかと思います。

 

中でもここ近年増加傾向なのが「マタハラ(マタニティハラスメント)」。

法律や制度の整備により幾分解消はされてきていると言われるものの、5人に1人のワーキングママが「差別」を感じているという実態も明らかになっています。

 

5人に1人を多いと捉えるか、少ないと捉えるか、色々と議論はあるかと思いますが、この現状を改善するためにも、個々人のモラル向上はもちろん、会社全体として取り組んでいく必要があります。

 

そんな中オールコネクトでは、ワーキングママスタッフが会社の制度に意見することができる『第5回 OHANA大会議』を開催いたしました。

『OHANA大会議』は、女性活躍を推進する『OHANAプロジェクト』の一環です。

 

↓イキイキ・キラキラ働く女性の職場環境整備に賛同ください!
  ブログランキング・にほんブログ村へ

 

OHANAプロジェクトとは

【理念】

女性の様々な環境の変化にも柔軟に対応し、イキイキ・キラキラ輝きながら力を最大限発揮できるフィールドを提供します。

【目的】

法的に求められている制度の整備だけでなく、女性が働きやすく活躍できる会社にする

【由来】

ハワイ語で「家族」。

お互いに助け合い、分かち合いを大切にする心の絆という意味も含む「OHANA」という言葉へ、会社とスタッフが共に取り組んでいく想いを込めて。。。

開催概要

名称:第5回 OHANA大会議

日時:2017年7月19日(水)10:30~12:00

場所:株式会社オールコネクト ホールA

参加者数:18名のママスタッフ

内容:子育て中のワーキングママが、福利厚生の制度を自ら提案する

目的:ワーキングママスタッフの声を聞き、会社の福利厚生の整備に活かす

これまでに実現した制度

★リスタート制度

法律上、産休・育休から復帰した正社員は勤務時間が6時間以上であれば引き続き正社員として勤務ができるが、復帰後半年間に限り、勤務時間が6時間に満たなくても正社員として勤務できる

★家族看護休暇届制度

家族の看護や通院の付き添いで遅刻、早退、欠勤した場合は、届出をすることで評価上マイナスにならない

★託児所利用支援制度

子供を預けて業務をする場合に、託児所利用にかかる費用を支援(会社命令の土日勤務や、病児保育など)

★育児短時間勤務の延長制度

育児・介護休業規定<第15条>に則り、法律上の3歳を超えて満10歳まで短時間勤務を認める

大会議風景

【アイスブレイク】10:30-11:00

最初の30分は無料ハンドマッサージor肌チェックを受けながら雑談!

子どもがいるとどうしても自分のことが後回しになってしまうママスタッフへプレゼント♪

子育てあるあるの共有から旦那の愚痴まで、共感し合えるって素敵ですね。

【本会議】11:00-11:55

「あったらいいな♪」「なくて困った!>_<」

実現できる?できない?は一旦無視して、会社の新制度を議論。

育休中のスタッフは子どもをあやしながら参加できます!

【発表会】11:55-12:00

「妊娠中○○だったスタッフが多かったから、こういう制度があると嬉しいです!」

と3つのグループがそれぞれ制度名称・制度内容・懸念点などを発表。

どうしても休まなければいけないことが多い、ママスタッフならではの制度が集まりました!

今後

いくつか制度案が出ましたが、この中のいくつの案が採用できるのかはわかりません。

ワーキングママの働きやすい環境により、他のスタッフへの負担が増えすぎても「資生堂ショック」のような事が起きる可能性もあります。

どちらかに偏って不平等にならないようにする。

なかなか難しいですが、今後もスタッフの幸せにつながる制度を議論していきたいと思います。

”共働き率全国No.1”の福井県の企業だからこそ!

 

イキイキ・キラキラ働く女性とイキイキ・バリバリ働く男性の様子はコチラ

 

参考データ

※参考:ワーキングママに関する調査(2017.06実施)

Q.あなたは、現在働いている会社でワーキングママとして区別を受けたこと(感じたこと)はありますか。

プラス面の区別(配慮)、マイナス面の区別(差別)それぞれお答えください。(単数回答)<N=252>

Q.ワーキングママとして、働きやすい職場環境だと思うものはありますか。(複数回答)<N=252>

【調査概要】

1.調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施

2.調査の対象:12歳以下のお子様をもつ20歳以上の有職者(正社員、派遣・契約社員など)女性に実施

3.有効回答数:252名(福井県在住・勤務52名・福井県以外在住・勤務200名)

4.調査実施日:2016年6月15日(木)~2016年6月20日(火)の6日間

 

↓イキイキ・キラキラ働く女性の職場環境整備に賛同ください!

  ブログランキング・にほんブログ村へ

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア