オールコネクトブログ

採用情報

「やってしまった・・。」誰もが入社してからやる失敗と学び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新しい仕事が始まって数日後。

「やってしまった・・。」そんな風に思った経験ありませんか?

恥ずかしながら、僕はそんな経験があります。

おそらく、多くの大学生が就職した際には、少なからずミスを犯すでしょう。

ミスはできることなら起きないほうが良いですね。

今回は学生でありながら、オルコネの人事でインターンをしている’こばきらー’が、働くなかで「やってしまった・・。」という経験とその失敗から学んだことを紹介したいと思います。

Excelの印刷がうまくいかない。

Excelでの資料を印刷するようにお願いされた時の話です。
文系の大学にいることもあり、ExcelよりもWordやPowerPointを使うことが多く、Excelの印刷は、ほとんどしたことがありませんでした。

1ページに2つの表を並べて印刷したかったのですが、2ページになってしまっていました。
何度トライしてもうまく印刷できず・・。何枚も紙を無駄にしてしまいました。

あたふたしている僕に上司は「印刷の仕方、調べた?」と一言。

調べてみると印刷範囲の設定をしなければいけませんでした。
「やってしまった・・。調べればよかった。」と思いました。
そうすれば、すぐに解決する問題でした。

企画を提案する際に・・。

人事インターンで新しいインターンの企画を提案しようとしていた時です。
自分が作った企画の企画書ができたことが嬉しくて、誤字脱字を自分で確認せずにチェックを怠った経験があります。上司から「チェックしたの?」と言われて「またやってしまった・・。」と思ったのを覚えています。一度チェックしてから提出すれば上司の手を煩わせることもなありませんでした。

大学生のうちから自分の提出物をチェックする癖がついていればこんなことにはならなかったと思います。

よくある失敗に共通すること

多くの細かい失敗を重ねた身として、何が原因なのかを考えた末に失敗を起こす際の共通点が分かりました。

それは積極性に欠けることだと思います。

この積極性に欠けている状態とは、“最後までやり遂げること。”と、“まず最初に、自分で調べて分からないところを解消する。”ということができていない状態です。

大学でのレポートは細かくチェックをいれずに提出しても単位が出ました。それで単位が出るのは、他の出席や授業態度で点数を稼いでいたり、レポートを提出することに多くの評価価値を見出しているからです。最後までやり遂げることなく、時間が無いため妥協していることはありませんか?

また、今までの学生の期間は、分からないことは先生に聞けば教えてもらえました。
裏を返すと、聞けば教えてもらえるので、自分から調べる必要がありませんでした。

僕はこのような積極性に欠ける習慣が原因だと気付いてから、分からないことがあれば、まずは自分で調べるようにしました。

「学校での学びは受身だけれど、社会にでたら自分から学びに行かないと成長しない。」

僕が上司に言われた言葉です。たったこれだけで多くのミスが改善し、一つ一つのクオリティが高くなります。是非実践してみてください。

また、1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するとも言われています(ハインリッヒの法則)。ミスや失敗があった時は、その前兆やそれまでに改善しなかった問題がないか考えてみると良いかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
インターン学生_こばきらー

インターン学生_こばきらー

福井県立大学に通うこばきらーです。 株式会社ALL CONNECTで人事としてインターンに参加しています。 趣味は映画鑑賞やWeb制作です。 就活を進めるについての気付きや、大学生のうちにしておきたいことなど発信していきます!
インターン学生_こばきらー

最新記事 by インターン学生_こばきらー (全て見る)