オールコネクトブログ

採用関連

転職エージェントを最大限活用するために!サービス内容から選び方まで徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
転職エージェント

転職活動を行う際にはぜひ活用したい「転職エージェント」ですが、具体的にどのように転職をサポートしてくれるかご存知ですか?

簡単に説明すると、転職エージェントとは担当のエージェントがつき、求人紹介から面接のセッティング、内定後のフォローまでをサポートしてくれるもので、リクルートエージェントやDODAエージェントなど、数多くのサービスがあります。

転職活動を行うにあたってはとても頼もしいサービスですが、サービス内容や特徴を知らずにただ漠然と転職エージェントを利用することは、かえってマイナスに働く場合もあります。

そこでこの記事では、転職エージェントに関する次の様な内容を詳しく紹介します。

  • そもそも転職エージェントとはどのようなものか
  • 転職におけるメリットと注意点
  • 転職エージェントの選び方
  • 転職エージェントを最大限活用する方法

転職活動中の方はもちろん、これから転職活動を始める方や、先の転職を見据えて情報収集をしたい方も、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントとは

まず、転職エージェントとはどのようなものか、その役割や転職サイトとの違いを確認していきましょう。

転職エージェントの役割

転職エージェントの役割は、求職者が効率的に転職できるようにサポートすることで、登録後には企業の求人紹介や面接のセッティング、年収交渉など、転職に必要なサポートを無料で行ってくれます。

担当のコンサルタントが転職の面談を実施し、本人も気付いていない「強み」を見つけ出すことで最適な求人情報を紹介するなど、効率的に理想の職場に巡り合うようにするのが大きな役割です。

また、企業側に対しては、ミスマッチの書類選考や面接回数を減らすことでコストの削減や内定率アップにつなげるなどのメリットがあり、まさに求職者と企業の橋渡し役といえるでしょう。

転職エージェント以外の転職方法

転職エージェント以外の転職方法としては、転職サイトスカウトサービスに登録する方法のほか、企業に直接応募する方法などがあります。
転職サイトの場合、気軽に情報収集できる反面、企業への応募やその後のやり取りを全て自分で行わなければいけませんので、自分ひとりで転職を進められる人に向いています。

転職サイトで有名なものとしては、リクナビNEXTやマイナビ転職が挙げられます。

スカウトサービスは転職者の経歴やスキルを匿名公開することで、それに興味を持った企業のほうから求人情報が届くという仕組みです。

dodaのスカウトサービスなどがあり、企業のほうからアプローチを受けることで自分の市場価値が分かるというメリットが挙げられますが、スカウトが届くまで時間がかかったり、未経験の職種に応募しづらいという面もあります。

そのため現在の会社にあまり不満なく、あくまでスキルアップのために転職したい方に向いているといえるでしょう。

企業に直接応募する方法は一見効率が悪いように感じられますが、応募したい企業が決まっているならば一番の近道ともいえます。

企業のホームページにある求人募集フォームに直接問い合わせる形となりますので、返信が早かったり、企業によっては直接応募の場合、採用祝い金がもらえることもあります。

企業の求人採用サイトの一例

転職エージェントのメリット

転職エージェントのメリット

それでは、転職エージェントのメリットはどのようなものか、具体的に見ていきましょう。

業界・企業とのコネクションを持っている

転職エージェントは、特定の業界や企業とのコネクションを持っていることがあり、これは特に中小の特化型エージェントに多い傾向があります。

エージェント自身が企業の経営層や人事部長レベルとコネクションを持っているケースでは、企業がどのような人材を求めているのかを理解できているため確実な推薦ができますし、場合によっては「最後の一押し」をしてもらえる可能性があるほど、その企業に対する理解度や交渉力が期待できます。

面接対策や職務経歴書の添削を行ってくれる

転職に必要なスキルや求められている人材は、企業によって異なりますので、どんなにすばらしい人材でも、必ずしも応募先の企業に合うとは限らないのが現実です。

しかし転職エージェントであれば、企業が求める人材を把握している分、面接対策や職務経歴書の添削も行ってもらえます。

さらに、不合格になってしまった場合、通常であればその理由を知ることはできませんが、転職エージェントを介している場合、人事からのフィードバックをもらうことができるケースもあり、その後の転職活動に活かすこともできるでしょう。

また、応募する企業ごとに履歴書や職務経歴書を作成する必要がなく、ベースとして作った書類をアレンジして使用できます。

もちろん、アレンジする際にはコンサルタントのアドバイスが受けられますので、大幅に書類作成の時間を短縮することができるでしょう。

給与交渉を行ってくれる

内定が決まると、入社時期や給与などの条件交渉が詳細に行われますが、入社前の段階で金銭に関する要望を正直に伝えることは、現実的になかなか難しい問題です。

しかし、転職エージェントが間に入って交渉を行ってくれることで、直接は言えない年収や入社日の調整などもスムーズに行うことができるで、これも大きなメリットだといえるでしょう。

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントの注意点

転職エージェントを利用する際は、メリットだけではなく、注意点を知っておくことも大切です。

では早速、注意点を確認していきましょう。

希望に合わない案件の選考や入社を勧められる場合がある

そもそも、転職エージェントは求人企業から支払われる紹介手数料やコンサルティング料によって経営が成り立っています。

そのおかげで、求職者は金銭を負担することなく就活ができるのですが、言い替えれば転職エージェントにとっての顧客は求人企業であり、顧客の要求に応えなければならないという背景があります。

つまり、応募者が集まらないような企業があったとしても、転職エージェントとしては、一定の人材を送り出す義務があるのは事実です。

その結果、コンサルタントからは本来の希望に合っていない案件の選考を勧められることもあります。

また、入社を悩んでいるような場合では、背中を押してくるようなこともあるでしょう。

しかし、本来それらの事情は求職者にとって関係のない話であり、自分の希望する案件ではない企業を転職エージェントの都合だけで無理に勧めてくることがあれば、きっぱり断る姿勢も大切です。

ある程度の理解は示しつつも、最終的には自分の目で判断する姿勢を意識しておきましょう。

担当エージェントのスキルや専門性が低い場合がある

転職エージェントといえば、まさに転職のプロのはずですが、コンサルタント全員が担当エージェントとしての豊富な経験を積んだプロとは限りません。

極端な話をするならば、人材業界に入ってから1年も経っていないような経験が浅いコンサルタントが在籍していることも事実です。

また、エージェントとしての専門性が低いこともあります。

それは、転職エージェントの会社そのものが、法人として立ち上げる際のハードルが低いということと、コンサルタントとして採用した人材の出入りが激しい傾向があることが背景にあります。

そのため、初めて転職エージェントを利用する際は1社に絞り込まず、複数のエージェントを比較しながら就活を進めていくことをおすすめします。

転職エージェントの選び方

では、転職エージェントを利用する際の注意点を確認したところで、選び方のポイントを見ていきましょう。

年代

エージェントによって得意とする年代があるため、自分が転職する時点の年齢に合わせて転職エージェントを選ぶのもひとつの方法です。

たとえば、20代、30代の場合は初めて転職するケースが多いのですが、自身の経験が少ないため、転職を成功させるためには、実績豊富で大手企業の採用に強い転職エージェントを選ぶとよいでしょう。

サポートが手厚く、求人数も多いDODAエージェントやリクルートエージェントなどがおすすめです。

また、40代の場合には、役職クラスの能力がもとめられるケースも多くなるため、ある程度幅広く求人案件があるかと思います。

キャリアを活かした転職を成功させるためにも、40代に強い転職エージェントやハイキャリア向けの転職エージェントを選ぶとよいでしょう。

年収800万以上を目指す方にターゲットを絞ったランスタッドや、ハイクラス求人が多いビズリーチなどがおすすめです。

総合or特化

転職エージェントには、総合型と特化型というものがあります。

総合型とは、業界や職種にこだわらずさまざまな求人を扱うタイプで、多種多様な求人が集まるので、その分紹介できる企業数が多い傾向があります。

また、特化型とは、一定の業界や職種に精通したコンサルタントが、求人を絞り込んで紹介するのが特徴です。

この違いを活かし、今までとは違う仕事にチャレンジしたい場合や、幅広い業種の中から転職先を選びたいという場合、目指すべき方向性がまだ見えていない場合などは総合型を利用するとよいでしょう。

また、一定の業界や職種での経験が長く専門的なスキルがあり、転職前と同じ業界や職種にこだわって転職をしたい場合には特化型の転職エージェントがおすすめです。

総合型であればSpring転職エージェント、リクルートエージェントなどが代表的で、特化型にはゲーム業界最強といわれるワークポート、アパレルに強いクリーデンス、マスコミ業界を得意とするマスメディアンなどがあります。

もちろんその他にも多数ありますので、希望する業界に合ったエージェントを探してみてください。

業界や業種に対する専門性

経験のない業界や業種への転職を希望している場合、転職エージェントのコンサルタントが提供する情報はとても貴重なものです。

そのため、コンサルタントがそれぞれ得意分野を持ち、それぞれの業界に知見を持っているかという点でエージェントを選ぶのも、転職を成功させる方法のひとつだと言えます。

転職したい業界や業種が定まっている場合には、特化型のエージェントを利用するか、総合型であればエージェントが深くコミットしてくれると評判のマイナビエージェントがおすすめです。

求人数

転職エージェントが扱う求人案件数=選択肢の数ですので、多くの求人案件を扱っている転職エージェントにこだわって選ぶのもおすすめです。

求人数の多さでおすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントですが、案件数が確認できない場合には非公開求人数に注目するとよいでしょう。

非公開求人とは、事業戦略上の理由等から、転職サイトや企業の採用サイトには公開されず、転職エージェントからの紹介経由のみで応募することがでできる求人のことです。

多くの転職エージェントはサイト上で非公開求人がどのくらいの数あるのかを掲載しているので、非公開求人が多いほど、それだけ求人数が豊富なエージェントであると考えられます。

サービスの充実度

求人紹介や応募書類の添削など、サービスの充実度も転職エージェントを選ぶ際のポイントです。

転職活動中はもちろんのこと、入社後のトラブルまで対応してくれるエージェントもありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

サポートの充実度で人気がある転職エージェントには、パソナキャリアやビズリーチが挙げられます。

転職エージェント利用の流れ

転職エージェントの流れ

ではここで、実際に転職エージェントを利用する際の流れを確認しておきましょう。

◇転職エージェントに登録する
転職エージェントへの登録は、それぞれのサイトに用意されたフォームを使います。

氏名や年齢、住所、学歴などのプロフィールに加え、職務履歴や転職を希望する時期、希望の業種や職種、年収などの条件を登録しますが、重要なのはできるだけ詳しく伝えることです。

特に、職務経歴や希望条件についてはその後の面談をスムーズに進めることにもつながりますので、できるだけ正確に多くの情報を入力しておきましょう。

そうすることで、よりマッチした求人情報を紹介してもらえる可能性が高くなります。

◇コンサルタントとの面談
登録が完了すると、コンサルタントから連絡が入り、スケジュールを調整したうえで面談が行われますが、多くの場合、まずはキャリアカウンセリングと呼ばれるレクチャーやヒアリングが中心となります。

内容としては、現在の転職市場についてのレクチャーや、自身の職務経験についてのヒアリング、転職理由や希望条件についてのヒアリングが主なものです。

今後の求人情報の提示にも関わるポイントですので、この時点で質問があれば積極的に聞いておくようにしましょう。

そして面談が終了すると、コンサルタントから求人情報が提案されます。

◇希望する企業へ応募
希望の条件を参考に、コンサルタントが選定した企業の中から求人をチェックして選びますが、応募そのものはコンサルタントが行ってくれます。

応募の際に推薦状が添えられることも多く、この場合、個人的に応募するよりも書類の通過率が高くなる傾向があります。

なお、応募に使用する職務経歴書などの書類は、サンプルが用意されているケースが多いのでフルに活用してください。

◇面接
書類選考が通過すると企業での面接を行いますが、この日程調整もコンサルタントが行いますので、自分で連絡をする手間は省くことができます。

コンサルタントによっては、面接官のタイプやヒアリング内容など、面接通過に有効な情報を提供してくれるでしょう。

また、場合によっては事前に模擬面接を行ってくれることもあります。

◇内定
無事に面接を通過すると、コンサルタントが年収や雇用条件についての確認・交渉を行った後、双方が合意すれば内定獲得です。

しかし内定が決まったからといってそれで終わるわけではなく、入社日のスケジュール調整や退職のためのさまざまな手続きのサポートまで行ってくれるのが転職エージェントです。

最後までしっかりサポートしてもらいましょう。

上手く転職するために知っておきたい転職エージェント活用法

最後に、転職エージェントの活用法をご紹介しましょう。

直近で強く転職を希望していると伝える

コンサルタントには、直近で転職を強く希望していると伝えるようにしましょう。

時間に余裕がある、あるいはまだ転職の意思が固まっていないと判断されると、他の求職者もいるので後回しにされる可能性があります。

転職に関して意欲的な姿勢を見せることがやる気を伝えることになりますので、転職時期はあまり先延ばしで伝えないようにしてください。

エージェントとはマメにコンタクトを取る

エージェントは登録者の管理を「コンタクトを取った日時順」で行っている場合があります。

そのため、マメにコンタクトを取るとことで、常に管理ステータスがアクティブな状態になり、優先的に案件を紹介してもらえる可能性が高くなります。

先にお伝えしたように、転職エージェントは求人企業から支払われる紹介手数料やコンサルティング料によって経営が成り立っているため、転職意欲高く活動している登録者を優先する場合が多いというわけですね。

良い求人にめぐりあうためにも、重要な報告等でなくとも、なるべくマメにエージェントと連絡を取り合うようにしましょう。

信頼できる担当エージェントを捕まえる

転職エージェントに登録すると自動的に担当コンサルタントが決まりますが、希望しない案件ばかりを勧めてきたり、経験不足で効率よく転職活動が進まなかったりなどの問題が生じることもあります。

その場合、基本的に担当を変更することができますので、申し訳ないと考えてしまうかもしれませんが遠慮なく申し出てみましょう。

転職エージェントは無料なのでこちらから要望を出すことを躊躇する方もいますが、エージェントも転職をサポートすることで報酬をもらっているため、遠慮することはありません。

合わないエージェントと無理して転職活動を続けても、お互いに損しかないため、担当エージェントに不満がある場合にはエージェント変更をお願いし、信頼できるエージェントを捕まえましょう。

まとめ

今回は、転職エージェントを最大限に活用するために、転職エージェントとはどのようなものか、メリットと注意点や転職エージェントの選び方についてお伝えしました。

転職エージェントは担当エージェントが求人紹介から面接、内定後のやり取りまで無料でサポートしてくれるサービスのため、転職活動の進め方がわからないひとや、面接に不安がある方にはとても頼もしいサービスですね。

それぞれに特徴がありますので、しっかり下調べをして自分に合った転職エージェントを探しましょう。

また転職エージェント以外の転職方法としては転職サイト、スカウトサービスに登録する方法のほか、企業に直接応募する方法などもありますので、そちらもあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

基本の面接マナーについて押さえよう!実際の採用担当者の見るポイントって?
※関連記事へ飛びます

The following two tabs change content below.
オルコネ 人事

オルコネ 人事

オールコネクトの人事部が、世の中の人事制度や人事に関する話題をピックアップしご紹介いたします。