オールコネクトブログ

ピックアップ

社員が働きやすい職場を目指した取組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。けんさんです!
先日「ふくい女性活躍推進企業」として、2019年度分の女性活躍推進の取組報告書を福井県へ提出しました。

女性だけではなく、実は男性からも「働きやすい」という声が多いオールコネクト。今回、報告書に必要な情報を収集しているうちに、「女性活躍推進の取組だけど、男女関係なく適応しているものが多いじゃないか!」と気づいたので、せっかくなので共有しよう!となったわけです。女性はもちろんのこと、男性にもぜひ読んでほしいです。

「ふくい女性活躍推進企業」とは?

『女性の活躍推進に向けて積極的に取り組む企業』のことで、登録の条件は以下の3点となります。
①女性の活躍推進に向けた経営トップ(代表者)の考えが宣言されていること
②女性活躍推進員を配置していること
③「女性の採用」「女性の育成」「男女がともに働きやすい職場環境づくり」「女性の登用」について、それぞれ具体的な取組を進めていること
※出典:福井県 ホームページより定義を引用

オールコネクトの取組(一部抜粋)

キャリア育成と評価制度

*「実績」「規律」「姿勢」の3要素で評価を実施し、男女による評価の差がないため性別に関係なく昇格できます。
*男女関係なく、査定結果の条件を満たしていれば社内FA制度を利用することができます。
FA制度:入社後に自身のキャリアアップの為、社内の希望部署に挑戦できる制度。
*新人研修やフォローアップ研修、自己啓発研修等、各研修を男女関係なく受講できます。
*毎月新任役職者を対象とした管理者研修を実施(男女関係なく対象)
*書籍購入補助/資格取得支援(男女関係なく対象)
For Lifeワーク制度(対象条件に該当する活動において、副収入を得ることが認められる制度)が男女関係なく適用されます。

転職経験者のけんさんが語る注目ポイント①

「実績評価」
毎月の目標設定と評価基準が明確であること。当たり前のように見えて実はとても重要なことなんです。社会人経験を積んできて、ぶっちゃけ今までは評価が曖昧だな…と思うことばかり。理由を聞いても返ってくる答えは具体的ではありません。

オルコネは毎月上司から設定された目標が下りてきて、目標の達成状況が数値化され、評価が決まります。評価が明確であることは、やりがいにもつながりますよね。

「For Lifeワーク制度」
最低限の条件はあるものの、そもそも正社員として働きながら「副業」と呼ばれる活動ができる会社自体、なかなか耳にする機会がありません。日々仕事に打ち込みながら、たまに自分の特技を外部で生かしつつ報酬が貰えることは生活していく上でのモチベーションにもつながりますよね。

【補足】キャリアと評価をはじめとした、けんさんがオルコネに転職した理由はこちら
【福利厚生】For Lifeワーク制度の詳細はこちら

参考:オルコネ常時雇用者の「管理職」「リーダー」の男女比

「常時雇用者」656人(男性54.9%:女性45.1%)
「管理職」158人(男性69.0%:女性31.0%)
「リーダー」99人(男性46.5%:女性53.5%)

※常時雇用者:雇用契約の形式の如何を問わず、事実上の期間の定めなく雇用され ているスタッフのこと。

働きやすい職場環境づくり

・サービス残業の禁止
・勤怠ルールの設定:終業または残業終了時間から退館時間までの乖離時間の制限や管理、残業時間の制限など
・年に1度開催される本部ごとの表彰:リア充賞(有給消化率が高い)という表彰実績があります
・在宅ワーク

転職経験者のけんさんが語る注目ポイント②

「サービス残業の禁止」
経験上、サービス残業はするなよ~とか、早く帰れよ~とか上司から言われるけども、実際サービス残業を何かで管理されることは少ないと思います。口頭注意だけなら、やろうと思えばサービス残業ができちゃうんですね。

オルコネでは会社がサービス残業の禁止を宣言しており、勤怠の退勤打刻から退館時間までの乖離時間を管理するシステムまで導入しています。残業ありきで考えると、どうしても業務の時間配分がおろそかになりがちなのが実情…。自然と時間を意識することになるので、働く側としてもメリットが多いです。

「在宅ワーク」
平成30年2月に起きた、豪雪。当時はまだ以前の会社で働いていました。営業職でしたので、目標のためにとにかく仕事しないと…という思いで職場に向かいました。通常15分の道を、危険な目に合いながら2~3時間かかってたどり着いたのは忘れられません。もちろん私だけでなく多くの人が同じ目にあったかと思います。もしも在宅ワークという制度がオルコネ以外の会社にもあれば…。心身ともに疲弊することもなかったのかもしれません。

時代の流れや変化に柔軟に対応していくことは、いつの時代でも重要です。オルコネはこうした取組をいち早く導入し続けることで、社員が働きやすい職場環境を整えています。

【働き方改革】在宅ワーク制度の詳細はこちら

OHANAプロジェクト

理念:女性の様々な環境の変化にも柔軟に対応し、イキイキ・キラキラ輝きながら力を最大限発揮できるフィールドを提供します。
内容:ワーキングマザーを対象とした講習や座談会の実施 。
※プレママ・妊娠を考えている女性も参加可能

働くママのサポート制度(一例)

*育児休業:女性に限らず、男性も取得することができます。
→実際に育児休暇を取得した男性スタッフもいます!!!!!
*育児短時間勤務:育児休暇から復帰後は、正社員として1日4時間からの短時間勤務が可能。
*家族看護休暇届:家族の看護のための休暇。看護者1人につき年間5日まで取得可(例:看護者2人なら10日)
*託児所利用料支援:対象施設で子供を預けて業務する場合に、託児所利用にかかる費用を支援。

【制度紹介】働くママのための制度の詳細はこちら

まとめ

女性に限らず、様々な働き方が求められる現代。
今後は、入社した社員だけではなくIターン/Uターン/女性雇用、ダイバーシティ雇用にもフォーカスし、制度の構築や福利厚生の強化を進めていきます。

どこまで力になれるかはわかりませんが、地域雇用の推進にも貢献していきますのでお楽しみに!

ブログまたはInstagramにて新しい取組みを投稿していきますので、随時チェックをお願いします♪
*Instagramはこちらから

The following two tabs change content below.
けんさん
広報チームの“けんさん”です。「周りのことは俺のこと、俺のことは俺のこと!」世の中に自分に関係のないものはない(はず)! ジャイアンみたいなノリで、オールコネクトの魅力や福井の魅力を発信していきます!
けんさん

最新記事 by けんさん (全て見る)